iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法

iPhoneを使えば使うほど、バッテリーの持ちに悩まされているはずです。


iPhoneは多彩な機能を搭載しているために多くのアプリを同時に実行していることが多く、バッテリーの消費も激しくなりがちです。

バッテリーは使用と充電を繰り返すたびに劣化していき、使用可能な容量が減っていってしまうのです。

今すぐ見つかるiPhone6sの機種変更のいろいろな情報を集めました。

iPhoneのバッテリー消費量を減らし、長く使うためにはいくつかの設定を変更することが有効です。まずは、画面の明るさを調節しましょう。
画面の明るさはバッテリーの消費量に直結し、明るければ明るいほど消費します。


思い切って明るさを50%にしてみましょう。



最初は暗く感じるかもしれませんが、慣れてくると全く気にならなくなります。

どうしても暗いようだったら、50%の状態から徐々に明るさを上げていって、見やすいように調節すると良いでしょう。

自動調整をオフにするのもおすすめです。GPSを利用した位置情報システムもバッテリーを消費します。


位置情報を利用するアプリはありますが、「位置情報に基づくiAd」や「位置情報に基づく通知」はオフにしていても支障が出ることは少ないです。外部機器や通信サービスと頻繁にやりとりを行うことになるBluetoothとWi-Fiも、利用するときだけオンにするよう心がけましょう。
これらはオンにしていると常にBluetooth機器やWi-Fi電波を探し続けてしまうため、バッテリーの消費も非常に大きくなってしまうのです。



iPhoneのバッテリーを長持ちさせるために、設定に気を配るようにしましょう。