iPhoneを使った勤怠管理

iPhoneを使った勤怠管理を使うことで、業務効率化が測れます。

営業の都合上で、外出する人も多いことでしょう。


勤怠を管理するには、一旦本社に立ち寄ってタイムカードや現地の到着後の電話報告が主流でしょう。


人件費増加や作業時間減少を招く要因です。


これらをiPhoneの勤怠アプリを使って管理することで、無駄な作業工数を減らすことができます。

iPhone6sのスペック情報探しにちょうど良い情報をご用意いたしました。

アップルストア内で勤怠アプリが、有償と無償があります。

最初は、無償のものでお試しをしてみてください。会社の規模にも寄りますが、ある程度の大人数や便利な機能は、有償でないと使えません。

有償では、GPS機能を使えるのが便利です。

自分の位置情報を送信して出勤扱いができるからです。
勤怠アプリの出勤ボタンを押したときに出勤扱いになります。

出勤ボタンを押したときに、自分の場所が自宅でも押せます。


GPSがあるとサボっているかを、管理人が把握することができます。

iPhone6sの機種変更を知りたいならこちらです。

アプリを使うのは、アプリと管理ツールのセットになっているのが重要です。管理ツールから外出している営業さんの情報を把握することができます。

現地に着いたときも、現地に到着したボタンを押します。

GPSから現地に着いたか判断できます。



交渉が終了した場合に、訪問終了ボタンを押して報告します。


また急な対応が入った場合は、管理ツールで検索をすると該当場所から一番近い人がマップ上で検索されます。
もっとも近い人に対して、電話をして現地に行かせます。

顧客満足度をあげることができます。このようにiPhoneの勤怠管理アプリを使うと優れた業務改善ができるアプリがあります。